青山工務店は山形県優良住宅協会に登録されています。

私たちの住む山形県は、県全域の90%が特別豪雪地帯が占め、夏もフェーン現象の影響で蒸し暑く、家づくりには十分な配慮が必要となります。

山形市内でも夏は非常に暑く、冬は雪が多く寒さが厳しい気候となっております。この山形の気候には、高断熱・高気密の住宅性能を上げ、家中いつでも快適な温度を保ち、省エネルギーで家計にも地球にも優しい住まいを実現することが重要と考えております。

東日本大震災以降、耐震性能に対するニーズや関心も高まっております。これからの住まいは、健康・環境・家計・災害対応など「安心・安全・快適」が求められます。

青山工務店では、一般社団法人JBN(全国工務店協会)と連携をとり、地域工務店だけでは難しいとされる国からの補助金や支援を申請し、税制優遇や大幅な補助金をもらい品質が良いものを提供しております。これは国交省「地域型住宅グリーン化事業」と言って、大きなハウスメーカーでは支援されない事業で、地域の工務店で認定を受けた工務店のみ申請できる事業なのです。長期優良住宅に認定された住宅に対して、100万円を限度に国からの補助金と税制優遇の大きなメリットと共に、高性能で省エネ住宅・耐久性に優れた住宅を推進して参りたいと思います。

そして、我が工務店に頼んで良かったと満足していただけるよう これからも努力して参ります。

001

003 004