山形市松原 新築工事進行状況

断熱工事が完了致しました。

完全ノンフロン高発泡断熱システム

ソフティセルone について

045

従来のグラスウール(繊維系)の断熱材と異なり、ポリウレタンの原液を現場でスプレー施工する新しい断熱システムです。このソフティセルoneを吹き付けると,瞬時に発泡と硬化が始まります。発泡したポリウレタンが多量の空気層を保つため、優れた断熱性を発揮するのです。気密性が高く、隙間風による冷暖房効果の低下が少なく、同時に静かな住環境を実現してくれます。従来のグラスウールをセーターに例えると、ソフティセルはダウンジャケットのように風を通しにくい生地で包むように暖かさを持続してくれます。冬壁表面の温度はグラスウールより約3℃も高いという実験結果もあります。高気密・高断熱で消費電力を3割削減し化学物質を含まない、地球にも住む人にも優しい断熱材です。

046

株日本住宅保障検査機構JIOによる追加外装下地検査が8月27日に行われ無事合格しましたことをご報告いたします。

ピンク色の積み重なってボードはハイクリンボードといって、シックハウス症候群の原因となっているホルムアルデヒドを吸収し分解してくれる健康志向の内装材です。断熱工事が完了したので、一枚一枚、貼っていきます。内装造作工事に入り、棚などもこの時に造り付けられます。