山形市香澄町 新築工事進行状況

016 017 018

外壁に貼られた銀色の薄いシートを遮熱透湿防水シートと言います。このシートは建物外部からの雨水の侵入を防止する防水性と壁体内に生じる湿気を外部に逃がす透湿性を兼ね備えています。室内で発生した水蒸気など湿気を含んだ空気が、万が一入り込んだ場合湿気は透湿性のある透湿防水シートから通気層を通じて屋外に排出され壁体内結露の発生を防止してくれます。従来の透湿防水シートに遮熱機能を付加したものを使用しており、高い赤外線反射率を保持します。約90%反射し侵入熱量を約40%低減します。また、4層構造であるため大幅に強度がアップし、防水性・耐久性にも優れたものになっています。

内部の方は、電気工事を施工中。そのあと断熱工事に入ります。