壁紙選びのポイント

家づくりで意外と悩まれるのが壁紙選びです。壁紙は、部屋の中で一番面積をとるものなので、なるべくベーシックなものを選ぶのがコツです。

床材やドアの色調と合わせて基本色を考えましょう。床材の木目の色調は、こげ茶や黄味、グレー味のあるものなど、様々です。壁紙の基本色を木目の色調に合わせることで、お部屋に統一感が生まれます。メインになる壁紙は「白」を選ばれることが多いと思いますが、「白」といってもたくさんの種類があり迷われると思います。

「白」を選ぶとき真っ白は実際貼ってみると、サンプルでみるより明るく眩しすぎるくらいになります。同じ白でも微妙に色が混ざっていているもの、織物調(織地の目のような)、石目調(コテで塗った土壁や塗壁)が人気があります。凸凹のある壁紙は、仕上りが綺麗で傷をつけた場合の補修も目立ちにくいという利点があります。

また、最近の傾向として人気なのは、無地の白系のなかにポイントでアクセントを入れるスタイルです。リビング、ダイニング、キッチンが続いている場合は、同じ壁紙を選び、統一感のある空間にすると、すっきりした印象になります。どこか一面にアクセントカラーやエコカラット(調湿壁材)を加えるとお洒落な空間になります。

リビングに続く和室は、リビングとのバランスを考えて統一感を持たせた方が繋がります。通常の和室は織物調や和紙調など素材を感じる壁紙が雰囲気のある和室になります。アクセントの一面だけ濃い色の壁紙も素敵ですよ。

洗面所やトイレは清潔感のある明るい色がお勧めです。柄のある壁紙を使うとお洒落な空間になります。水はねしやすく汚れやすい場所なので「汚れ防止」「消臭機能」のある壁紙がお勧めです。

寝室は落ち着いた色合いの壁紙を合わせるとリラックスできる空間になります。エレガントな色や柄のある壁紙を効果的に使うと上質感がでます。

子供部屋は成長とともにかわいい系の柄を好まなくなったりします。将来を考え壁紙はシンプルにし、カーテンで遊び心のある空間にするのも良いと思います

壁紙は、カタログなどの小さな見本を見るのと実際に広い壁に張ったのを目にするとでは、見え方や印象が変わってきます。サンプルを取り寄せることも可能ですのでご相談下さいませ。

 

 

 

 

     ↑ 施主様セレクトの壁紙。楓の陰影柄で、とても上品で素敵でした!

 

 

↑ アクセントカラーを使った お部屋。このグリーンは男女共に人気がある色で、家具や建具を選びません。北欧風にもカジュアル風にもアレンジ可能です。

 

 

  ↑ コテで塗った土壁調をメインにカラーに。