東根市内 新築工事進行中

東根市に二世帯住宅を新築中です。既存の住宅を一部解体し、大きな二世帯住宅に建て替えます。

この後、基礎コンクリートが固まるまで養生期間を経て木枠が取り外されました。コンクリートの中に打ち込まれている棒のような金物は、アンカーボルトと言って基礎と建物を緊結するもので地震や風圧力に耐えるための重要な金物です。鉄筋同士の間隔や太さ、数、位置を設計の決まりに従って配筋することにより頑丈な基礎ができる仕組みです。この部分は家が建ってしまった後にはお見せできないので適確に工事が行われていることを証明するために、第三者の検査機構から厳しくチェックしていただいております。もちろん、こちらの住宅も日本住宅保証検査機構により適切であると承認いただきました事をご報告致します。