山形市青柳  K様邸にペレットストーブ設置

木が燃える暖かな炎を眺めながら過ごす家族団らんのひととき。

そこには、石油や電気による暖房とはまた違った優しい温もりがあります。

薪ストーブに比べて薪の調達や薪割などの手間もかからず、使いかたやメンテナンスも簡単です。

それでいて、薪と同様に山形の森を守り地域を活かし地球温暖化防止にも繋がります。

燃料の木質ペレットは、森林の間伐材や製材所から出るおがくずなどを原料としており再生可能エネルギーとして森をリサイクルすることから、山形県から補助を受けることができます。

ペレットストーブには、「温風吹き出しタイプ」や「自然対流式輻射タイプ」がありメーカーによって様々な種類がありますので

ご興味のある方はご相談下さい (^_^)/

005     026 リビングの角に設置しました。

ペレット式輻射暖房(総和工業)

こちらは、薪ストーブと同じ輻射熱の出るタイプのストーブです。

鋼板性の本体から放射される輻射熱は、人を直接温めるだけではなくお部屋の壁に蓄熱され、しばらくすると壁からも熱が放射されます。

これによりお部屋中が暖かく感じられるのです。点火消火はボタンひとつでOK。自動温度調節でいつも快適です。

燃える火を見ながら音楽を楽しんだり、ゆったりとした時間が流れていく事でしょう。