「長期優良住宅」S様邸 建て方始まりました。

072 080

基礎の上に土台をひきます。

基礎と土台の間に基礎パッキンというものをおいて、すきまをつくります。これは、建物全周で床下の換気をとるためです。

083 074 073

この金物と木材が組み合わさって、がっちりと繋がります。

088

正確にきっちりと埋め込まれております。

086004

土台の下から支えている細い棒状の金物は鋼製床束と言って床下から家を支え、また湿気にも強く、安定した接地の金具です。

090

ひとつひとつ丁寧に施工されております。

009 001 007

土台が終わると床下の断熱材を施工します。断熱材の厚みは80㎜です。